北京二锅头

北京二锅头兰道

ローカルで自らのスキルを活かし、地域・企業の課題解決提案を行うif design project。
 
9月にはじまり、早2か月。

東京圏に住まわれる、茨城や地方に想いのあるプロジェクトメンバー21人が、今もなお茨城県の各地域・企業への提案を練り続けているところです。
 
そんな彼らが各地域・企業へ提案を行う、プレゼンテーションが12月15日(日)14:00から シティラボ東京 で行われます。
 
・if design projectってどんなプロジェクト?
・地方で活動をしはじめたかったけど、何から動けば…
・仕事で培ったスキルを仕事以外で活かしてみたい
・茨城県で何かしていきたい…!

そんな想いのある方にとっては、きっと参考になったり、思いもよらない出会いがここにあるかもしれません◎
 
ぜひ、会場にお越しください!
(ご参加される方は、イベントページの「参加予定」を押してください)

https://www.facebook.com/events/723093741501915/

■参加費
無料

■応募方法
「参加予定」を押してください
※当日、受付にて、お名刺を頂戴いたします。ネットワーキングの時間もございますので、お名刺をご準備ください。

ご不明点ございましたら、if design project運営事務局(info-ifdp@rebita.co.jp)まで、ご連絡ください。

■当日のタイムスケジュール
13:40~ 開場・受付
14:00~ オープニング(主催者ご挨拶)
14:05~ オリエンテーション(if design projectについて)
14:40~ 公開プレゼンテーション テーマ①
15:05~ 公開プレゼンテーション テーマ②
15:30~ 公開プレゼンテーション テーマ③
16:05~ 豪華メンター陣からのフィードバックタイム
16:40~ 今後の方針を固めるブラッシュアップタイム
※聴講者もどんなディスカッションがなされているのか、見ることができます。
17:10~ ネクストアクションについて発表
17:20~ クロージング
17:30~ ネットワーキング
※茨城食材を使ったお料理をご用意しております。
18:30  閉会

■if design projectとは?
if design project とは、「あなたの”もし…(if)“が、茨城(ibraki)の未来(future) を変える。フィールドワーク+講義+ワークショップによる実践型デザインプロジェクト」です。
日本を、茨城を、地域を良くしようと活動を続ける地元企業3 社(パートナー企業)のリアルな企業課題や茨城の魅力について、フィールドワークを通して学び、異なるバックグラウンドを持つ受講生たちと共に、課題解決の企画を行っていきます。
茨城と東京を行き来し、「もし自分たちだったら何をやるか」「何ができるか」を企画、デザイン。最後は受講生たちの思いがこもったプランをそれぞれのパートナー企業に提案します。「自分たちだったら何をやるか」を考えてもらうことで、本取組み後も実プロジェクト化し、受講生とパートナー企業や地域との関係性が持続していくことを期待しています。

詳細はWEBへ:http://zhongqing.wzcm.site/

■企画テーマ
①農×地域
パートナー企業:宮崎協業
農業大国いばらき
農を通じた都市と地方の関係をデザイン

②酒×地域
パートナー企業:明利酒類
関東屈指の酒処
「茨城の酒」のファンづくりを通じた伝え方を企画

③海×地域
パートナー企業:大洗観光協会
海水浴のその次へ
通年楽しむ海の未来を企画

■審査メンバー
井本 喜久(株式会社The CAMPus BASE 代表取締役)
石川 俊祐(kesiki inc共同創業者/パートナー)
馬場 未織(ライター/NPO法人南房総リパブリック理事長)

主催:茨城県
企画・運営:㈱リビタ×茨城移住計画